懐かしい?学生の頃にもやっていた
登って降りての踏み台昇降運動ダイエット

テレビ番組で紹介されたことをきっかけに多くの人に知られるようになったのが踏み台昇降運動ダイエットです。
やることはかなりシンプルなのですが、効果を実感できている方も多いようです。

ここでは、踏み台昇降運動ダイエットについてご紹介していきましょう。

スポンサードリンク

踏み台昇降運動ダイエットのやり方

踏み台昇降運動ダイエットは、その名前の通り、踏み台を使って昇降運動をするダイエットになります。
高いところの荷物を取るための踏み台が家にあるという方であれば、それをそのまま踏み台昇降運動ダイエットに使うこともできます。

高さは15cmから30cmほどあればいいといわれていますので、仮に踏み台がなくとも家にある段差や階段で実践することができるのではないでしょうか。
段差も階段もないという方は踏み台を買ってきたり、自作したりすることもあるようです。

踏み台をどのように使っていくかというと、踏み台を上がったり下りたりすることを繰り返していくだけです。

右足で上がって、今度は左足で上がります。
このとき、ちょうど踏み台の上に両足で立っている状態になっているかと思います。

踏み台の上に立ったら、今後はまた踏み台から下りていきます。
右足を先に下ろして、その次に左足を下ろします。

これを毎日10分から30分ほど続けるようにしましょう。
右足から入るのと左足から入るのを交互に繰り返してもOKです。

足の動きばかり気にしてしまうかもしれませんが、踏み台昇降運動ダイエットのときには腕をしっかりと振ることも忘れないようにしておきましょう。

なぜ踏み台昇降運動がダイエットに効果的なのか

踏み台昇降運動がなぜダイエットに効果的なのか不思議に思っている方も多いのではないでしょうか。
実際に踏み台のようなところを上がったり下りたりするのは、日常生活の中でも比較的よくあるシーンです。

ただ、日常生活でそういったシーンがあるといってもだいたい1往復くらいのものです。
時間をかけて何度もするということはそうそうないでしょう。

踏み台昇降運動を続けることによって、脂肪燃焼や筋力アップが期待できるのです。
踏み台昇降運動はダイエットに効果的とされている有酸素運動のひとつになります。

脂肪燃焼も期待できますし、自律神経を整える効果も期待できます。
自律神経が整うと睡眠や便秘などの解消にもつながってきますので、より痩せやすい体へと変化していくのです。

踏み台昇降運動によって股関節や太もも、腹筋、背筋、お尻などの筋肉を鍛えることもできますので、メリハリのある引き締まった体を手に入れることができるのです。

踏み台昇降運動は実際にやってみると、思っている以上にいろいろなところの筋肉を動かすことになります。
筋肉を動かすことによって基礎代謝がアップしますので、何もしていなくとも今まで以上のカロリーが消費されるようになります。

これがダイエット効果につながってくるのです。
また、踏み台昇降運動によって肺活量も増えていきます。

これは直接的にダイエットにつながるというわけではないものの、心肺機能がアップしますので、疲れにくくなりますし、バテにくくなります。
これによってよりいっそうダイエットを続けられるという部分もあるのです。

踏み台や段差があれば誰にでもできるダイエット法になりますので、初めてダイエットをスタートさせるという方にとっても安心なのではないでしょうか。

踏み台昇降運動ダイエットにおける注意点

踏み台昇降運動ダイエットにおける注意点なのですが、踏み台昇降運動というのは実際にやってみるとかなり疲れます。

夏場に踏み台昇降運動をすれば、それこそタンクトップやキャミソールがびしょびしょになるくらいの汗をかきます。見た目にはそうでもないかもしれませんが、結構な運動なのです。
そのため、夏場に限らず、こまめな水分補給を忘れないようにしておきましょう。

また、踏み台昇降運動では本当にいろいろなところの筋肉を動かすことになります。
そのため、普段から運動不足気味の方にとっては思っている以上にハードな運動になります。

大げさに思えるかもしれませんが、踏み台昇降運動ダイエットの前にはしっかりとストレッチをおこなっておきましょう。
そして、踏み台昇降運動ダイエットにおいては無理をしないことも大切です。

あまり運動をしない方がいきなり30分というのはやはりきついですし、少々無謀ともいえるでしょう。
踏み台昇降運動ダイエットを始めるのであれば、最初は10分くらいを目安にして、慣れてきたら徐々にその時間を伸ばしていくという形をとっていったほうがいいでしょう。

あとは、転倒に気を付けることです。
特に、踏み台を手作りするという場合、運動の途中で耐久性の問題で破損してしまうこともあるかもしれません。

転倒して怪我をしてしまってはせっかくの踏み台昇降運動ダイエットも続けることができなくなってしまいますので注意しておきましょう。

スポンサードリンク

このエントリーに投稿された口コミ

現在、口コミ投稿はありません。
もしこのダイエットの経験がありましたら、ぜひ下記のボタンをクリックして口コミを投稿してみてください。

エピソード投稿フォームボタンを開く

この記事を読んだ人におすすめの記事

水泳ダイエット
投稿口コミ数「0」 件
ジョギングダイエット
投稿口コミ数「1」 件
自転車ダイエット
投稿口コミ数「1」 件
ブリッジダイエット
投稿口コミ数「0」 件
スクワットダイエット
投稿口コミ数「0」 件
ダンベルダイエット
投稿口コミ数「1」 件
つま先立ちダイエット
投稿口コミ数「0」 件
ウォーキングダイエット
投稿口コミ数「0」 件
ドローインダイエット
投稿口コミ数「0」 件