ある意味ダイエットの定番?
水泳ダイエットでしっかり運動して痩せよう

最近では美魔女という言葉も一般的になりましたが、美魔女と呼ばれている有名人の多くが水泳を生活に取り入れています。
健康法のひとつでもあるのですが、実は水泳ダイエットというダイエット法も確立されているのです。

ここでは、水泳ダイエットについてご紹介していきましょう。

スポンサードリンク

水泳ダイエットのやり方

水泳ダイエットのやり方についてなのですが、これは本当にシンプルです。
というのも、プールで体を動かしたり、泳いだりすればいいだけなのです。

もちろん、水着を用意しなければいけないとかプールへ行かなければいけないといった手間はかかりますが、こういった作業を手間と考えない方にとってはこれ以上ないほど楽なダイエット法になります。

水泳やプールが好きだという方にとっては、それこそ気分転換や娯楽感覚でダイエットを実践していくことができるでしょう。
水中でのウォーキングから慣れてきたら泳ぐという形で進めていくといいかもしれません。

陸上でのウォーキングであればどうしても膝や腰に負担がかかってしまいます。
しかしながら、水中であればその心配もありませんので、足腰が悪い方でも安心して実践できるダイエット方法になります。

ダイエットにあたって、どのような体を目指していくかによってもやり方は変わってきます。
筋肉をつけて体を引き締めたいという方であれば、泳ぎをメインにおこなっていく必要があります。

それもできるだけゆっくりと長時間おこなっていきたいものです。
もし、筋肉はそこまでつかなくてもいいから脂肪を燃焼させたいという場合には、水中でのウォーキングがいいでしょう。

もちろん、どちらもバランスよくということであれば、両方を実践していくことになります。
このようにダイエットでどのような体を目指していくかによって、やり方を変えていきましょう。

なぜ水泳がダイエットに効果的なのか

水泳というと健康法のひとつというイメージが強いのですが、そもそもなぜ水泳がダイエットに効果的なのでしょうか。
まず、水泳の場合、水の抵抗があります。これは陸上にはないものです。

水の抵抗がある中で普段するような動きをしてみると、かなり動きにくいでしょう。
これによって、全身の筋肉をバランスよく使っていくことができるのです。

言ってしまえば、水の抵抗が負荷になるのです。
全身の筋肉をバランスよく使うからこそ、筋肉がつきますし、筋肉がつくことによって脂肪が燃焼しやすくなるのです。

代謝もアップしていきますので、より痩せやすい体になっていきます。
水の中に入ると、1トン以上もの水圧がかかると言われています。

この水圧というのは、一種のマッサージのように作用します。
圧力がかかる状態で体を動かすことによって、体全体がマッサージされているかのような状態になります。

これによって、体内の血流が改善されていきます。
血流が改善されると、老廃物がたまりにくくなりますし、これまでたまっていた老廃物も排出されるようになります。

老廃物がたまってしまうと、セルライトなどもできやすくなりますし、健康面でもデメリットしかありません。
老廃物をためこむことなく排出していくことによって、体のめぐりもよくなりますし、痩せやすい体へと変化していくのです。

水泳ダイエットにおける注意点

水泳がダイエットにおける注意点についてですが、まずは泳ぐときのフォームについてです。
水中でのウォーキングであればそう気にする必要はないのですが、泳ぐとなるとそのフォームを意識していきたいものです。

というよりも、泳ぐのであれば正しいフォームを意識していかないとダイエット効果をあまり実感できないのです。
水泳ダイエットでは平泳ぎとクロールがおすすめなのですが、どちらも正しいフォームで泳げるようになっておきましょう。

平泳ぎに関していえば、ゆったりと30分以上続けることも大切です。
アスリートのような速さで短時間泳いだだけではダイエットに効果的とはいえません。

水泳ダイエットで平泳ぎをするのであれば、ゆったりとしたスピードで30分以上続けて泳ぐようにしましょう。
クロールの場合も平泳ぎのときと同じようにゆったりとしたスピードで泳ぐようにしましょう。

200メートル泳いだくらいから脂肪がより燃焼されやすくなりますので、距離としては200メートル以上をひとつの目安にしておきましょう。

200メートルも泳いでいないのに疲れてしまってはせっかくの水泳ダイエットも不十分のまま終わってしまいます。
疲れないように自分のペースを考えながら、ゆったりと泳いでいくようにしましょう。

また、水泳ダイエットでは体が冷えすぎないようにすることも大切です。
子どもの頃に唇が紫になった経験のある方もいるかもしれませんが、そうなる前に切り上げておきましょう。

体が冷えるからこそ燃焼されるという部分もあるのですが、冷え切ってしまうと逆効果ですので、注意しておきましょう。

スポンサードリンク

このエントリーに投稿された口コミ

現在、口コミ投稿はありません。
もしこのダイエットの経験がありましたら、ぜひ下記のボタンをクリックして口コミを投稿してみてください。

エピソード投稿フォームボタンを開く

この記事を読んだ人におすすめの記事

ブリッジダイエット
投稿口コミ数「0」 件
片足立ちダイエット
投稿口コミ数「0」 件
ウォーキングダイエット
投稿口コミ数「0」 件
四股踏みダイエット
投稿口コミ数「0」 件
ジョギングダイエット
投稿口コミ数「1」 件
つま先立ちダイエット
投稿口コミ数「0」 件
背伸びダイエット
投稿口コミ数「0」 件
股関節ストレッチダイエット
投稿口コミ数「0」 件
ラジオ体操ダイエット
投稿口コミ数「0」 件